Blog

Top >> Blog >> お客様所有穿き込みレポート 


  •  

    というタイトルで始めてみました、新しい試みです。

     

     

    お買い上げ頂いたDino Denimを一度お預かりして紹介していきたいと思います。

     

     

     

     

     

    初回の今回は、Heritage Straight シリアルナンバー 003、

     

     

    発表後すぐにお買い上げ頂いたお客様所有のデニムを拝借し撮影させていただきました。

     

     

    勝手に想像しながらコメントする事をご了承ください。

     

     

     

     

     

     

    SERIAL # 003 穿き込み期間 1年2ヶ月

     

    まずは前後の全体像

     

     

     

     

    かなり内股のヒゲが入ってますね。

     

     

    色落ち感は当方穿き込みレポートよりも進んでいる印象ですが

     

     

    12回染めの坂本デニム社インディゴは強く残ってますね。

     

     

     

     

    では細かく部位を見ていきたいと思います。

     

     

     

    腰周りのヒゲ

     

    かなりヒゲが目立ってきている印象です。

     

     

    少しヒップやワタリに余裕があるのか

     

     

    直線的なヒゲが御仁のデニムの特徴になっています。

     

     

    相当ご自身で意識的にデニ育された事が伝わってきます(涙)

     

     

     

     

     

    コインポケット周り

     

     

    御仁が愛煙家でZIPPOをご使用されているので

     

     

    愛煙家ならではの特徴が出ていますね。

     

     

    昨今の禁煙ブームでこの独特なアタリ感はなかなかレアではないでしょうか?

     

     

    こういった箇所もカスタマイズの一環ですばらしいと思います☆

     

     

     

     

     

    ではパーツのボタン

     

     

     

    写真では見えにくいですが御仁がベルトを着用されているらしく

     

     

    オリジナルボタンの表面が少し削れています。

     

     

    素材のキャストが覗いてきて良い味になってますね~

     

     

     

     

    最後に革パッチ


     

    こちらは御仁が常にオイルを染み込ませて着用頂いているので

     

     

    牛革が黒ずんでいてかなり味が出ています。

     

     

    レプリカデニムをデニ育する際の裏技なのですがまさか当デニムにまで!

     

     

     

     

     

     

    また生地も良い感じに柔らかくなっていました。

     

     

    相当穿いて洗濯頂いた事が伺える感動の1本となりました。

     

     

     

     

    これから暑くなりますが負けずに穿いてデニ育していって頂きたいと思います。

     

     

  •  

     

    ご無沙汰になってしまいましたDINO Clothing のTでございます。

     

     

    相変わらずのブログのスローさで申し訳ないです。これもブランドの方針と言い訳しながら・・・

     

     

     

     

    さて、お待たせしている穿き込みレポート、

     

     

    とうとうDINO Clothing発祥の地、DINOにて行いました!個人的にも数年ぶりの訪問☆

     

     

    旅の内容は次回のブログ(できるだけ早急にアップします!)でお伝えするとして

     

     

    今回は穿き込みレポートに絞りたいと思います。

     

     

     

     

     

     

    DINO DENIM第1号を育て始めて早1年以上経過しました。

     

     

     

     

     

     

    大体週に2~3日、夏は少々穿ける日が少なく冬は多くなる状況を続け、春夏秋冬乗り越え・・・

     

     

    というほど厳しいものではありませんが

     

     

    本当は毎日穿きたい衝動を抑えつつ、生活の都合という事もあり、

     

     

    ここもブランドの方針で無理をしない可能な限り、という事で。

     

     

     

     

     

     

    こう見ると結構色が落ちて来たように思います☆

     

     

     

     

    ではパーツの詳細を少々。

     

     

     

     

     

    腰周り

     

     

     

    なかなかの立体感、太陽光が強いので余計シワが目立ってますね。

     

     

     

     

    後ろポケット付近

     

     

    隠しリベットも順調、ポケットのシワもかなり育ってます☆

     

     

     

     

     

    続いてヒザ横とヒザ裏

     

     

     

    ここは早い段階でいい感じになっていたので楽しみですね~

     

     

     

     

     

     

     

    スソ

     

     

    一番反応の遅い部分ですがだいぶ見えてきました☆

     

     

     

     

     

    ここまで1年以上、太陽光が強いのでコントラストが強いですが

     

     

    改めてこの染めは強い!と思いました。

     

     

    未だにかなり濃いブルーが残っていて、さすが坂本デニムさん!

     

     

     

    これからも頑張って育てて生きたいと改めて思います。

     

    そして今回はとうとうDINOへ帰郷し報告できた事は大きなイベントでした。

     

    相変わらずスローで大変申し訳ないのですが、あまりプロダクトにプレッシャーを与えず

     

    DINOと同じようにゆっくりとした時間を与える事で他のブランドさんとちょっと違った雰囲気が

     

    纏わればいいな~なんて願いながら。

     

     

     

     

    最後に、こんな所で撮影してました!という事で・・・

    砂漠のど真ん中で、あるものといえば岩と空、空気の流れる音、そしてジョシュアツリー。

    昔のインディアンも開拓者たちもこんな光景を見ていたのかと思うと感慨深くなりました。

     

    こんな情景やその他様々なものががDINO DENIMのブランド構成一部になっています。

     

  •  

    さて、「今年最後の穿き込みレポート、洗濯後編」です。

     

    先日半年以上ぶりに-DINO DENIMを洗ってみたレポートの続きです。

     

     

     

     

    結果・・・元に戻っただけ、とは言いませんが

     

    12回ものインディゴロープ染めを坂本デニムさんでやってもらっている生地なので色が落ちにくい!

     

     

    という再検証結果で個人的には相当嬉しいです。

     

    巷には、色落ちを早くしてビンテージ感を追求したデニムなんていうのもあるのですが全くの正反対!

     

    本当に良い生地だと再確認しました。

     

    ではディテールを写真にて。

     

     

     

     

    全体

     

     

    やはり洗濯したので綺麗になりました☆

     

     

     

     

     

     

     

     

    前ポケット界隈

     

     

    立体的なヒゲは洗い落とされていますが少し片鱗が見えてきたかな~と。

     

    写真なので陰影がハッキリ出てしまうので肉眼ではまだまだ、といったところです。

     

    ポケット向当布は日頃手を出し入れするので落ち始めてきました!

     

     

     

     

     

    ヒップ辺りのアタリ

     

     

    ベルトループ、ヒップポケット、ヤマハギの天辺は見事に白くなってきています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先日撮影忘れていた裾、右側です。

     

    かなり良い仕上がりになること間違いない感じですね。

     

    裾に平行な折れシワが入り、内側へ向かって斜めにも!

     

     

     

     

     

     

     

    最後に革パッチ・・・キレイになった☆また穿き込んでいきます!

  •  

    MERRY CHRISTMAS!!

     

     

     

     

    という事で大変ご無沙汰の上、前回の穿き込みレポートから半年も経っていたのに少々驚きながらクリスマスの夜を迎えています。

     

     

    穿き込みレポートがここまで遅れたのには深~い訳がありまして・・・

     

     

    「洗うのを一旦止めてみたらどうなるんだろう??」という自問に自答する為に洗うのを控えていました・・・

     

     

    といえば聞こえも良いのですが実は夏以降、節電による暑さもあってデニムを穿く機会が激減していた上に、

     

     

    -DINOデニムを毎日穿けない事情もあったりして、とにかくデニムを穿く機会が大きく失われてしまっていたのです。

     

     

     

     

    言い訳はともかく、6月~本日まで週に1日~2日のペースは保って穿いていました。

     

     

    そして本日、朝写真を撮って1日中穿き倒して只今洗濯中です。

     

     

    乾くまでに丸1日かかると思うので洗濯前と洗濯後の二部構成でレポートしたいと思います。

     

     

    さて、まずは全体を。写真撮るのが下手なのでサイズが違って見える・・・これはヒドい!

     

     

     

     

     

    さすがに半年穿き続けたせいか、結構アタリが至る所に出ています。

     

    ヒゲや膝裏は下でアップしていますが、裾も独特なアタリが入っていていい感じになっています。洗濯後が楽しみですね☆

     

     

     

     

    さて、ヒゲのアップ☆

     

     

    ヒゲは直線が主体なので何となく”AG”デニムみたいに見えます・・・

     

    さすがウォッシュのスペシャリスト、”AG”デニム・・・って他社を褒めてどうすんだ!

     

     

     

     

    ノリつっこみはさておいて、次は魅惑の膝裏ハチノス。

     

     

     

    光の加減で左右色が違って見えますがご了承を。

     

     

    右の膝を左に乗せるクセがあるので右膝裏のハチノスの方が綺麗ですね~。

     

    今度は意識して逆にしていこうと思います☆

     

     

     

     

     

    最後に革パッチで今回は以上になりますが・・・裾の写真を撮り忘れているので洗濯後でm(_ _)m

     

  • お待たせしています!サボってたわけではありません・・・が先日2回目の洗濯をしたので洗う前のレポート報告しま~す☆

     

     

    今回は週4~5回穿いて前回洗濯から約1ヶ月半、気持ち柔らかくなってきた気もします。

     

    初回よりヒゲ・ハチノスなどの付き方は柔らかくなっている気がしますが

     

    それでも14ozというウェイトが手伝っているのか、自分だけの加工感が出てきています。

     

    左右非対称なのも何だかうれしくなってきました。

     

     

     

    後ろも前回より少し柔らかい感じがしますね。

     

     

     

     

     

    膝裏のハチノス。ここは自然に色落ちしてくるのでこのままキレイに落ちてくると考えています。

     

     

     

     

     

     

     

    革パッチはデコボコに沿って色に濃い薄いが出てきました。

     

    オイル仕上げしたので洗えば洗うほど色が退色して雰囲気が出てくると思います。

     

    革厚を薄めにしたのも結果良い感じになりました。

     

    隠しリベット部分もアタリが出て白くなってきました。

     

     

     

     

    革パッチの裏にオイルが少し染みてきています。オイル染みがビンテージ感を更に強調しています。

     

    白い下着は穿けませんね。

  • こちらは3/15 に行おうと思っていた穿き込みレポート第一回目です。

    新品の状態から週4~5回ちょうど1か月穿いて縮みも見たかったので本当は洗いたくなかったのですが…泣く泣く洗ってみました。

    前後の全体像

    リジッド(未洗い)なのでヒゲ(シワ)の立体感がかなり強く残っています。

    左右が違うのも個体差で僕のオリジナル…このままで色落ちをしてくれるといいのですが、洗ってみないとわかりませんね。

    前股上部分ヒゲ

    前立横のヒゲもしかりですがポケット向当布、コインポケットもいい感じにヒゲが出てます。

    ベルトをあえてしていないので帯にもシワが入っています。これからが楽しみですね。

    ヒザ裏ハチノス

    いい感じにでてますね。

    こちらは穿いている時に常に動いている場所なので色落ちしていくと思います。