Blog

Top >> Blog


  •  

    というタイトルで始めてみました、新しい試みです。

     

     

    お買い上げ頂いたDino Denimを一度お預かりして紹介していきたいと思います。

     

     

     

     

     

    初回の今回は、Heritage Straight シリアルナンバー 003、

     

     

    発表後すぐにお買い上げ頂いたお客様所有のデニムを拝借し撮影させていただきました。

     

     

    勝手に想像しながらコメントする事をご了承ください。

     

     

     

     

     

     

    SERIAL # 003 穿き込み期間 1年2ヶ月

     

    まずは前後の全体像

     

     

     

     

    かなり内股のヒゲが入ってますね。

     

     

    色落ち感は当方穿き込みレポートよりも進んでいる印象ですが

     

     

    12回染めの坂本デニム社インディゴは強く残ってますね。

     

     

     

     

    では細かく部位を見ていきたいと思います。

     

     

     

    腰周りのヒゲ

     

    かなりヒゲが目立ってきている印象です。

     

     

    少しヒップやワタリに余裕があるのか

     

     

    直線的なヒゲが御仁のデニムの特徴になっています。

     

     

    相当ご自身で意識的にデニ育された事が伝わってきます(涙)

     

     

     

     

     

    コインポケット周り

     

     

    御仁が愛煙家でZIPPOをご使用されているので

     

     

    愛煙家ならではの特徴が出ていますね。

     

     

    昨今の禁煙ブームでこの独特なアタリ感はなかなかレアではないでしょうか?

     

     

    こういった箇所もカスタマイズの一環ですばらしいと思います☆

     

     

     

     

     

    ではパーツのボタン

     

     

     

    写真では見えにくいですが御仁がベルトを着用されているらしく

     

     

    オリジナルボタンの表面が少し削れています。

     

     

    素材のキャストが覗いてきて良い味になってますね~

     

     

     

     

    最後に革パッチ


     

    こちらは御仁が常にオイルを染み込ませて着用頂いているので

     

     

    牛革が黒ずんでいてかなり味が出ています。

     

     

    レプリカデニムをデニ育する際の裏技なのですがまさか当デニムにまで!

     

     

     

     

     

     

    また生地も良い感じに柔らかくなっていました。

     

     

    相当穿いて洗濯頂いた事が伺える感動の1本となりました。

     

     

     

     

    これから暑くなりますが負けずに穿いてデニ育していって頂きたいと思います。